パナホーム 断熱材

パナホームの断熱材について調べてみました

パナホームの住宅は鉄骨造です。鉄骨造は木造より耐震性能や防音性に優れていますが、

 

 

 

 

反面外気温に左右されやすく夏は熱気を、冬は冷気が鉄を伝わって家に反映されるため、夏は暑く、冬は寒い家になります。

 

 

 

 

そこで鉄骨を扱うハウスメーカーは鉄骨に断熱材を巻くことで断熱します。

 

 

 

 

そこでパナホームの断熱材は何を使っているのか、断熱性能はどのようになっているのか調べてみました。

 

 

 

 

断熱材は壁がロックウールとポリスチレンフォーム、天井はロックウール、床はポリスチレンフォームの2種類を使用しています。

 

 

 

 

ロックウールは玄武岩や天然石等を主原料に、電気炉等で1500℃くらいの高温で溶融したものを遠心力等で吹き飛ばして、

 

 

 

 

繊維状にした人造鉱物繊維のことです(綿あめを作るのと同じです)。

 

 

 

 

ロックウールは繊維の間に大量の空気を含むので断熱材や保温・保冷のための素材として性能を発揮します。

 

 

 

 

また吸音性、不燃性、耐水性もありますので、結露を防いで構造体を長持ちさせるのも特徴です。

 

 

 

 

ポリスチレンフォームというと何それ?と思う方もいるかと思いますが、発泡スチロールのことです。

 

 

 

 

原材料は同じですが、作り方や用途によって違いがありますが、

 

 

 

 

あの軽くて保温保冷に適した発泡スチロールが板状になって壁や床の断熱材として活躍していると思って差し支えないと思います。

 

 

 

 

 

ポリスチレンフォームはポリスチレンと空気でできていますので、完全燃焼すると二酸化炭素と水に分解され有害物質は出ません。

 

 

 

 

 

燃焼温度が低いと不完全燃焼となり、黒いススが出ることがありますが炭素なので有害ではありません。

 

 

 

 

 

この断熱材を使うことで高気密高断熱を容易にし、室内の環境汚染を防ぐために計画換気をし、結露やカビの発生を抑えるために、

 

 

 

 

 

湿度をコントロールすることで快適な暮らしがパナホームの独自技術「ピュアテック」なら叶えられます。

 

 

 

パナホームの評判|本当の口コミと割引情報のTOPへ戻る