パナホーム 寿命

パナホームの寿命について

自分の家を建てるのであれば、長い寿命のある家にしたいと思うものです。

 

 

 

自分の代だけではなく、その子供、そして孫まで残したい、と思う人も多いでしょう。

 

 

 

また、それだけの長い世代にわたって住み続けるにあたっては、安心して住めるようなものであってほしいと思うものです。

 

 

 

 

そういった意味で、寿命の長い家というのは、ただ立ち続けるというわけではなく、建替えることが不要だというレベルで、長く安心して住み続けられる家でなければなりません。

 

 

 

 

こういった中で、「長期優良住宅」というものが、ひろく認識されるようになってきています。

 

 

 

 

この「長期優良住宅」というのは、とくに資産価値の高い住宅を認定するための、「長期優良住宅認定制度」に基いたものになっています。

 

 

 

 

 

詳細としては、 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に定められた認定基準を満たしている住宅にのみ、付与されるものになります。

 

 

 

 

 

 

こういった「長期優良住宅」の認証基準にかなっている住宅を提供しているハウジングメーカーのひとつに、パナホームがあげられます。

 

 

 

 

 

 

そのため、パナホームの「長期優良住宅」であれば、基本構造をきちんと定期的にメンテナンスすれば、家が長持ちすることが保証されているというわけです。

 

 

 

 

 

 

基本的に、日本の住宅は30年が寿命などといわれていました。

 

 

 

 

 

しかし、海外の家などは、60年以上たっても住み続けるというものも少なくありません。

 

 

 

 

こういった中で、家の寿命を長くすることは、メリットがあるとされて、こういった長期優良住宅というものが広まっているわけです。

 

 

 

 

 

そのため、設備や内装を20年目処に更新することにより、30年戸いわず、50年、60年といった長期の寿命を保証できるようになっているのです。

 

 

 

 

 

また、こういった更新によって、その時代のライフスタイルにあわせた最新のくらし方が出来るというのもあります。

 

 

 

 

最新の家電や設備といったものが売りであるパナホームにおいては特に、こういった点は家の寿命におけるポイントとなるでしょう。

 

 

 

 

パナホームの評判|本当の口コミと割引情報のTOPへ戻る